電気脱毛のメリットとデメリット


サロンで電気脱毛を受けるときの注意点

 電気脱毛は、プローブと呼ばれる細い針を毛穴に差し込み、通電させて脱毛させる方法です。毛根に高い熱を与えて破壊するため、適切に行えば永久脱毛が可能とされている施術方法です。ニードル脱毛、針脱毛とも呼ばれます。 電気脱毛を行っているエステサロンは現在も若干残っていますが、エステで受けるのはあまりおすすめできません。プローブを刺すときに周囲の組織を傷つけてしまったり、出力が強すぎてやけどするといったトラブルが多く報告されているためです。 本来、針を差し込むのは医療行為に分類されるものです。資格ときちんとした技術を持った人でなければ行えないものということですね。しかし美容脱毛の現場では、毛穴に針を差し込むことは、注射のように皮膚に針を刺すことと同意ではなく、したがって医療行為ではないとの認識であり、医療知識を持たないエステサロンでも行われているというのが実状なのです。 もちろん医療機関なら自動的に安全ではなく、またきちんと施術してくれるエステもあります。ただ、数字上トラブルの確立が多いのは事実ですから、できれば電気脱毛は医療機関で受けたいものです。料金などの関係でエステを選択する場合は、まず通うお店の評判をしっかりチェックすること、そしてスタッフとは密にコミュニケーションを取ってください。スタッフも人間ですから、意思疎通の粗密は、施術の丁寧さに自然と影響します。


電気脱毛をするなら脱毛クリニックがおすすめ

レーザー脱毛や光脱毛などの脱毛方法よりも永久脱毛に対して非常に効果があるとされている電気脱毛という脱毛方法があります。この電気脱毛は毛の一本一本に針を通し、そこに電気を流すことによって毛根自体を破壊し、脱毛をするという脱毛方法です。この脱毛方法は非常に高い脱毛効果があるというメリットの反面、針を通すので痛みがかなりあるというデメリットがあります。そのため、どうしても電気脱毛をしたいという場合は、エステサロンなどでやるよりも脱毛クリニックでやることをおすすめします。なぜかというと、エステサロンでは麻酔を行うことができないのですが、脱毛クリニックでは麻酔を扱うことができるので、感じる痛みを少なくすることができます。電気脱毛は一本ずつ毛を処理していくので時間がかかりますし、費用もかかってしまいますが、確かな脱毛効果が期待できるので、時間とお金に余裕がある場合はひじょうにおすすめな脱毛方法だと言えます。


電気脱毛に期待される効果

エステサロンや脱毛クリニックで行われている電気脱毛はほかのレーザー脱毛や光脱毛に比べて永久脱毛に関して非常に効果があると言われています。なぜ電気脱毛で永久脱毛ができるのかというと、レーザー脱毛などと違って毛一本ずつに針を使って、そこに電気を流すことによって毛根を破壊しているからです。そのため、再び毛が生えてくる可能性が低くなり、永久脱毛をすることが可能になります。ただし、レーザー脱毛などでは一度で広い範囲の脱毛を行うことができますが、この電気脱毛だと一度で一本の毛しか抜くことができないため時間がかかってしまうというデメリットもあります。また、針を直接毛穴に指すということで痛みを伴ってしまいます。ほかの脱毛方法に比べて痛みが大きい脱毛方法なので、痛みが嫌な人にはあまりおすすめできません。それでも永久脱毛の効果は非常に高いとされているので、痛みを我慢できる人やどうしても永久脱毛をしたいという人にはおすすめです。


TBCで行う電気脱毛

TBCで脱毛を行う場合には、どのような方法で行っているのか、チェックをしてみると良いです。電気脱毛を導入しているので、かなりスムーズに施術を行うことが可能となっています。電気脱毛の場合には、お肌への負担も気になるかもしれません。しかしスキンケアまでしっかり考えられているので、安心をして施術を受けることが可能となっています。電気脱毛は施術時間も短縮することが出来るので便利なのです。また場合によっては、同時に複数のエステティシャンからの施術を受けることも可能となります。効果も長続きするので、安心をすることが出来るのです。電気を利用した施術方法の場合には、感電してしまうのではないかと不安になる人もいますが、きちんと考えられて施術が行われますので、感電の不安はありません。施術の価格もリーズナブルなので、利用しやすいということもあります。実際に多くの人が施術を受けているので、体験をしてみるのも良いです。


電気脱毛の施術が痛い理由

 電気脱毛は、プローブと呼ばれる極細の針を毛穴に差し込み、毛根底部にある再生組織に熱を加えて脱毛させる方法です。針脱毛、ニードル脱毛などとも呼ばれます。 毛が再生しないようにするためには、再生組織のタンパク質が変質するくらいの熱を加える必要があるのですが、毛穴の中が熱を受けるため、施術には非常に強い痛みがともないます。 以前は、電気脱毛のプローブは、通電させると全体が熱を帯びる構造になっていました。そのため、施術の際に毛穴がやけどを負ってしまうなどのトラブルが多くありました。またそうしたトラブルを避けるために、充分な熱を組織に与えることが難しいという面もありました。現在はプローブの先以外を絶縁体で覆ったタイプが主流になりつつあります。再生組織に触れる先端だけが熱を持つため、従来のプローブよりも痛い思いをせずに施術を受けられるようになり、また、以前よりも高い熱を組織に加えられるようになりました。 それでも電気脱毛はデリケートな施術であり、内出血などのトラブルはつきものです。技術のしっかりしたクリニックで受けることをおすすめします。町田 脱毛サロン情報をチェックしましょう。


電気脱毛器の特徴と価格、そして脱毛の意味について

電気脱毛器と言うのは、自宅で脱毛を行う際に利用するムダ毛処理のための美容器具です。また、電気脱毛器と言うのは、エステサロンなどで利用している針を使った脱毛ではなく、電気を利用してカミソリの刃を動かすというシェーバーのような美容器具になります。カミソリや毛抜きなどを利用してムダ毛処理を行う事で肌へのトラブルが懸念されるのですが、この電気脱毛器は肌へのトラブルの心配が無く、安心して利用する事が出来る美容器具でもあるのです。因みに、電気脱毛器というのは、色々な電気製品メーカーが発売を行なっていますが、価格的には1万円前後で購入出来る物が多くあります。尚、電気脱毛器と言われていますが、脱毛と言う効果は無く、あくまでもムダ毛処理のための美容器具となります。そもそも脱毛と言うのは、永久性を持つものであり、毛を完全に排除する事が脱毛なのです。そのため、美容外科などで行われる医療レーザーを利用する事で、ムダ毛を完全に脱毛する事が可能になるのです。